「ほっ」と。キャンペーン

■大明寺(臨済宗妙心寺派) 朝来市生野町黒川

a0293297_6494277.jpg
■大明寺(臨済宗妙心寺派)

朝来市生野町の黒川ダムの近くにある大明寺。臨済宗妙心寺派の中山

方丈・庫裡・開山堂が朝来市指定文化財

この寺は、南北朝時代の1367年(正平22年/貞治6年)守護大名山名時熙の開基により美濃国の僧月庵宗光が開山となって創建されたと伝えられる(山名時熙の木像が安置されている)。室町時代中頃から荒廃したが、江戸時代に入り寛永年間(1624年 - 1644年)大愚によって再興され、1649年(慶安2年)には江戸幕府から朱印状を受け、江戸時代には多くの末寺を有した。【ウィキペディアより】
■校補但馬孝より
a0293297_6504073.jpg

■伽藍配置
a0293297_6513474.jpg

■山門 (薬医門)
a0293297_6525532.jpg
a0293297_653615.jpg
a0293297_6532183.jpg
a0293297_6533747.jpg

■開山堂(1367年(正平22年/貞治6年)の建立と推測されるが定かでない。
年代が1367年とはっきりすれば但馬で一番古い建物になる。)
校補但馬考では「天文年中火災に嬰りて什物残らず消失す、ただ、粗堂一つ災を遁れて今にあり」とある。開山堂は当時のままと考えてもおかしくない。
桁行き5間、梁間5間、一重入母屋造り、 茅葺の折衷様(だと思う。本音は禅宗様といいたいが・・)の建物
全景
a0293297_6543178.jpg

破風 二重虹梁の上に大瓶束
a0293297_6544296.jpg
a0293297_6545514.jpg

桟唐戸と藁座
a0293297_655862.jpg

裏側から全景
a0293297_6554655.jpg

内部 須弥壇
a0293297_782553.jpg

天井はなぜか格天井(鏡面天井ならよかったのに)
a0293297_785457.jpg

a0293297_791058.jpg

柱の粽と木製の礎盤に礎石
a0293297_792836.jpg

外陣の化粧屋根裏天井と海老虹梁
a0293297_795211.jpg

床はモルタルだが四半敷に目地が切ってあった。
a0293297_710887.jpg
a0293297_7102878.jpg

但馬では建物が小さく、様式にこだわった建物は少ない。しかしこの開山堂は整っているほうかもしれない。
■庫裡
a0293297_7261323.jpg
a0293297_726247.jpg
a0293297_7263389.jpg
a0293297_7264650.jpg
a0293297_7265879.jpg

■方丈(本堂)
a0293297_11422358.jpg

a0293297_11424054.jpg

a0293297_7272815.jpg
a0293297_7273564.jpg

■鐘楼
a0293297_72812.jpg

■回廊
a0293297_729278.jpg
a0293297_7291148.jpg

■坐禅石
a0293297_7283668.jpg

■場所 朝来市生野町黒川463  079-679-2640
 

ちなみに大明寺の真西には日吉神社があり、ほぼ一直線で結ばれていた。
a0293297_735205.jpg

[PR]
by venex6 | 2012-09-22 07:35 |   生野町
<< 温泉寺(高野山真言宗 別格本山...